ADHD妻、パートから正社員になる!

adhd 妻 パート 正社員 ADHD嫁のコラム

adhd妻のmaico(マイコ)です。旦那と結婚して新しい土地に移り住み、旦那の意向で
約一年、パートをしていました。家の経済的事情ももちろんありますが、私自身が「また社員で
働きたい!」という気持ちが強くなったことからパートをやめ、またクリニックの社員
になった時のお話です。

ADHD妻、パートから正社員になる!

結婚する前は、某所のそこそこ大きいクリニックで数年働いていた私。

 

結婚してからは、精神の休養も兼ねて約一年、新天地のドラッグストアでパートとして働いていました。

ドラッグストアで働いていた時もクリニックで培った薬の知識が役立って、お客様には大変よくしてもらいました。

 

パートも楽しかったのですが、お給料がやはり低かったことと、もっとお客様から頼られる立ち位置で痛いという思いが強くなってしまった為、ドラッグストアを辞め、正社員として雇用してくれるクリニックを探すことになりました。

持ち前の性格が社員雇用の弊害に!

ADHDの特徴で物事に対して「変な完璧主義」を持っている私。

 

この性格が災いして、面接を受けても落とされるという事態が起きてしまいました。

 

過去、クリニックで正社員として働いていた期間は、即採用されるくらいの期間だったのですが、s新たに面接を希望したクリニックでの「科」が今までの経歴にない「科」だったことも、面接に落とされた要因だったと思います。

しかし、新天地には以前より働いていた「科」がなかったため、新しいクリニックに応募するしか
なかったのです。

 

あまりに面接落ちっぷりに激ヘコみする私。

 

旦那と私の周りの友達は、

履歴書になんて書いたの?

面接で何を話したの?

と聞いてきました。

 

履歴書には、明らかに落ちる要素は見当たらない。

でも面接には落ちる…。

 

その原因は、私が

自分がADHDであることを大々的に悪く先方に伝えてしまっていた!

ことに大きな不採用の理由がありました。

 

どんなにクリニックでのキャリアが長くとも「科」のジャンルが変われば、当然覚えるスピードも遅いし、しかも持病のADHDについて、

私は、おっちょこちょいです!

物忘れが他の人より多いかもしれません!

遅刻もたまにします!

―と字に起こせば、アホの子かな?と思われてしまうようなことを、面接の方の前で口走っていました。

 

旦那と周りの友達は、私からこの話を聞いて、

そら、面接落ちするわ…。

と呆れていましたね。

 

今、思い返してもなんで私はこんなことを大切な面接で言ってしまったのかわかりません。

ただなんだか相手の方に「隠し事をしたくない」という謎の正義感が働いてしまっていたようです。

 

そのあとの面接では、余計なことは言わないように我慢して、新しいクリニックに正社員で雇っていただくことができました。

 

口は災いの元であり、余計なことは本当に言うものではない…。

自分のリスクを分かっているのなら、雇用されてからマイナスをプラスにできるように頑張ればいい。

今までの職場だってそうやって、ちゃんと働いてきたんだからと思いましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました